資金繰りシミュレーション・・・短・長期資金管理

3ヵ月後・6ヵ月後・1年後・・・
売上・外注費・借入・資金繰り、それぞれ入力された入出金データから自動計算を行い、資金繰りシミュレーションを実現します。
長期的視野からの資金対策を可能とし、資金不足の予測時には経費・設備の抑制や外部資金調達など早期からの対策が実施可能となります。

また、入出金の実績を入力することで、現金回収ベースでの資金収支実績表(貸借対照表・損益計算書)を作成することが可能です。
経営状態を迅速に、資金管理状況をより効率的に把握し、資金運用を最適化するのに役立ちます。
短長期資金管理


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。